【APEX LEGENDS】プロも設定するおすすめのゲームプレイ設定

ゲームプレイ設定は項目も多く、設定が面倒ではありますが、知っておくと役立つことも多々あります。
こちらの記事ではおすすめのゲームプレイ設定と各項目について説明いたします。

スポンサーリンク

おすすめのゲームプレイ設定

お忙しい方は下画像をご参照ください。

ゲームプレイ設定項目について

情報表示形式

表示の情報量が違います。好みで設定しましょう。「コンパクト」のほうが画面を圧迫しません。

「デフォルト」

「コンパクト」

ボタンヒント

デフォルトは「オン」になっていますが、慣れてきたら「オフ」を推奨します。
表示記号分画面を圧迫します。

「オン」

「オフ」

Xマークダメージ表現

「オン」推奨。

「オフ」のほうが単純に見やすいですが、コースティックのガスやグレネードなどがヒットしていることが分かりやすいため、「オン」のほうをお勧めします。

ダメージ値

推奨は「スタック」ですが、「両方」でもいいです。

これもXマークと同じでオフが見やすいですが、ダメージ量を把握できないというデメリットのほうが大きいですね。
「オフ」
「スタック」(デフォルト)
「フローティング」

「両方」

シグナル透明度

「デフォルト」を推奨。

「フェード」にするとシグナルを見落とす可能性があるため、「デフォルト」を推奨します。
ただ、最終的には好みで設定しましょう。

キル通知

重要な情報なのでデフォルトのまま「オン」推奨。

ミニマップ回転

プロ含めて「オフ」にする方が多いです。

弾薬切れ時の武器自動切り替え

「オフ」推奨。

弾切れになっても違う武器に必ず持ち替える訳ではないからです。

スナイパーライフルを打っていて弾切れになってショットガンに切り替えられても困ると思います。

オートスプリント・ダブルタップスプリント

「オフ」推奨。

PUBGであれば移動距離が長いため、この機能は重宝します。しかし、APEXには必要ありません。

ダメージ発生表現

「2D/3D(両方)」にしています。

敵に弾を打たれたときに、どこから打たれているかわかるようにするものです。

遠くから打たれて、どの方角から打たれたかわからない!といったことはないように強調されるようにしているつもりです。

被ダメージ時にでデスボックスメニューを閉じる

絶対「オフ」

「オン」の場合、被弾するとデスボックスからアーマーを抜き出せないため、絶対「オフ」にしましょう。

動画配信モード

配信する方でゴースティング(追っかけ)されたくない方は「オン」推奨。

匿名モード

上記同様ゴースティングなどを警戒する方は「オン」推奨。

使用状況のシェア

EAにパフォーマンスが低下する恐れがあると脅されるので「オン」を推奨。

パフォーマンス表示

FPS値などが右上に表示されます。便利なので「オン」推奨。

クラブ招待

クラブに入っていない方は「オン」で・・・。

色覚特性モード

味方と敵の色、アイテムの色がモードによって変更されるとあります。

  1. 1型色覚:赤色と緑色の識別困難を補います。
  2. 2型色覚:異なるタイプの赤色と緑色の識別困難を補います。
  3. 3型色覚:青色と黄色の識別困難を補います。

これに加え、実はレティクルの色も変わります。こちらを説明します。

例:G7スカウトのアイアンサイト

「オフ」:オフ(デフォルト)は全ての武器のレティクルが赤色で表示されます。

「1型色覚」:1型色覚は全ての武器のレティクルが黄色で表示されます。

「2型色覚」:1型色覚は全ての武器のレティクルが薄赤色で表示されます。

「3型色覚」:3型色覚は全ての武器のレティクルが黄色で表示されます。

レティクルの色でも見やすさが多少変わると思いますので、好みで設定しましょう。

私は「3型色覚」を使用しています。アイテムの色も分かりやすいためです。

字幕

「オフ」で問題ありません。私は気にしないため、「オン」にしています。

字幕サイズ

画面を圧迫しますので「普通」を推奨します。

APEX LEGENDS設定
スポンサーリンク
tobutaをフォローする
Tobuta-tech

コメント